スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

NATIONAL GEOGRAPHIC ナショナルジオグラフィック マイクロカメラポーチ 

 

DSC07754.jpg
ナショナルジオグラフィック マイクロカメラポーチ(NG1148)

8月に行く予定のタイ旅行に合わせていろいろと撮影関連グッズを少しずつ揃えている。
滞在時のメインバックはZKIN Amarok (Model# Z2716)と決めている。このバッグ、見かけより収納力は優れていて不満はないのだけれど若干、内部へのアクセスが面倒だ。
そこで煙草や予備バッテリー、レンズキャップなどを収納するミニポーチを探していた。
あれやこれやとさんざん迷って最終的に購入したのがNATIONAL GEOGRAPHIC ナショナルジオグラフィック マイクロカメラポーチ(NG1148)だ。
このシリーズにはもう少し大きめのものもあるけれど最少サイズを選択した。

なぜかというとこんな感じでカメラバッグに取り付けるのであまり大きいと全体の雰囲気を壊しそうだから。
なかなかいい感じだと思う。
DSC07755.jpg

今回の旅行には一眼レフ(NIKON D7000)は持ち出さず、NEX-7とGRの予定だ。前回の旅行の反省として観光旅行には一眼レフは私には重すぎたということ。加えて交換レンズも数本持って行ったので滞在中の移動が本当にとても大変だった。

やはり旅は身軽な方が良い。

スポンサーサイト

category: カメラ

tb: 0   cm: 0

△top

Thunderbirds サンダーバード博~世紀の特撮が描くボクらの未来~ 

 

DSC07670-3.jpg

トレーシーアイランドの模型

先日『サンダーバード博~世紀の特撮が描くボクらの未来~』へ行ったきた。日曜日なのでめちゃ混み??かなと思っていたけどそれほどでもなく拍子抜け。
でもまぁ、ゆっくり観ることが出来たので良かったかな。まだ夏休み前だから?

内容はとても充実してました。
会場の様子はフリッカーにアップしたので時間のある時のどうぞ。

サンダーバード博に様子(フリッカーに飛ぶ)

細かな詳細は追ってアップしていきます。。

個人的にはこのペネロープ号(この名称は日本だけのようですね)がお気に入り。
細かなとこまでよく出来ている。
DSC07684.jpg

category: 出来事

tb: 0   cm: 0

△top

赤IDタグ仕様のTUMI 26141DH レア度は高い! 

 

DSC07620.jpg
赤いIDタグ仕様のTUMI 26141DH 

約9か月間このバッグを使用している。
同じ26141DHはよく見かけるが赤タグ仕様はまだ無い。

以下に続く


-- 続きを読む --

category: ステーショナリー

tb: 0   cm: 0

△top

SONY ボディ交換式カメラの登場? これはいい!! 

 

DSC07629-2.jpg
この画像は妄想

デジタルカメラの噂サイトでSONYデジカメに関する噂を見つけた。

レンズカメラ…? 最初意味がよくわからなかったがレンズに撮像素子とメモリー、バッテリーが組み込まれている。
画像はワイヤレスでスマートフォン、タブレット端末に転送(Wi-fi等)するらしい。
もちろん液晶上でライブビューを確認しながらの撮影ができるし、アダプターでスマートフォンに装着もできる。
つまりデジタルカメラのボディ部分はスマートフォンにまかせレンズと撮像素子を持ったデジタルカメラだ。
上の妄想画像のようなことになる。

こりゃすごい。

SR5と確認されたとても信憑性の高い噂だ。

でもおもちゃっぽいのは嫌だなぁ、と思っていたらSONYはちゃんとやってくれそうだ!
・撮像素子はRX100M2同じもの
・レンズもRX100M2と同じツァイスレンズ

本気度100%だ!

category: カメラ

tb: 0   cm: 0

△top

Nikon D7000のファインダーを丸型アイカップに交換してみた。 

 

DSC07560.jpg
Nikon DK-17M マグニファイングアイピース + Nikon DK-19 接眼目当て + Nikon用アダプター

NikonD7000のファインダーのアイカップを丸型に交換した。
この丸窓アイカップはNikonのデジタル一眼レフ機では現状D4、D800にしか採用されていない。
そう、上位機種にしか採用されていない特別な仕様だ。
D7000は視野率100%を誇っているがファインダー倍率はカタログスペック上は0.94倍となっている。
ちなみにD4、D800は0.7倍だ。
この数字が1に近づくにつれ見たままの大きさとなるのでD7000の方が優秀な数値だが実際は異なる。
D800とD7000のファインダーを覗くと分かるがD7000の方が小さく見える。
これは撮像素子の大きさによるものでD7000はAPS-C、D4、D800はフルサイズなので必然とそうなる。
ではフルサイズ換算だとD7000のファインダー倍率は約0.627倍となるようだ。
<ちなみに計算式は(0.94÷1.5=0.626666…)>
以下に続く
-- 続きを読む --

category: カメラ

tb: 0   cm: 0

△top

ZKIN Amarok カメラバッグの収納力を試してみた。 

 

D7A_2453.jpg
ZKIN Amarok (Model# Z2716)

購入候補として3つ上げ、最終的にはZKINにしたけれど候補として掲げた他2つは以下の通り。
・NATIONAL GEOGRAPHIC アースエクスプローラーコレクション
・アルティザン&アーティスト ニューカシェ(cachet)ICAM-3500
どれも素晴らしいバッグばかりだと思うが今回はちょっとだけクラシカル、そして品があるZKINを選択。
夏旅バッグということでカメラ機材運用の合理性は排除した。

このバッグの購入までに実はだいぶ時間をかけた。
リアル店舗を数店見て様々なWebサイトやBlog記事を参考にした。
その昔、マーケティングの世界では消費者の購買行動としてAIDMA(アイドマ)というのがあった(というかまだあるが)。
今回の自分の行動はAIDMAではなくAISAS(アイサス)そのもの。

1.Attention(注意)→リアル店舗を巡って出会ったZKINバッグを見て「お!これいいな」
2.Interest(関心)→実際に触ってみて「これほしいな」
3.Search(検索)→他にも候補となるバッグをWeb、Blogで徹底検索し情報収集(価格も含め)
4.Action(行動、購入)→再度リアル店舗で商品確認し、最安値のネット購入。
5.Share(共有、商品評価をネット上で共有しあう)→最後はこうして情報共有

こんな感じだ。
何かを購入する時に毎回こういった行動をするわけではないが失敗したくない時や高額商品の時には多い。
また今回はネット購入したが何でもかんでもという訳ではない。
今の時代、生活者はキュレーション能力が必須だと思う。
ネット購入店をちゃんと見極める眼も持たなければ粗悪品を掴まされることもある。

上記の写真はZKINバッグに入れた品々。
とにかく入るだけ入れてみた(笑)
(注意点として付属品のインナーボックスを使うとこんなには入らない)

・NEX-7+Carl Zeiss Sonnar T* E1,8/24ZA
・交換レンズ2本
・RICOH GR
・バッテリーチャージャー2個
・フィルターケース
・ブロアー
・ミニミニ三脚
・長財布
・カードケース
・ipad3
・折りたたみ傘

スペック(メーカー発表)
サイズ(外寸):ワイド34 x マチ15 x 高さ22 cm
本体重量:1.19kg
素材:撥水加工のキャンバス、革、綿

category: カメラ

tb: 0   cm: 0

△top

ZKIN カメラバッグ 夏旅用を買ってみた。 

 

DSC07611.jpg
ZKIN Amarok (Model# Z2716)

いくつかカメラバッグを持っているけど夏旅用にいろいろと探してみた。
旅の目的によって異なるが今回は「いかにもカメラバッグでござい!」というのは避けた。
一眼レフは自分ではあまり旅には持っていきたくない。
なぜなら写真を撮ることに集中しすぎて帰国後、「あれ!何を観たっけ?」状態になってしまうから。
旅はやはり自分の眼でしっかり観て感じてこないとね。

このバッグ、革素材とキャンバス素材の混合だ。一見、収納物へのアクセスが悪そうだけどベルト上部がホックになっていてすぐに取り出せるようになっている。
縫製の質、素材の質ともに満足のいくものだ。
このZKINというメーカーは韓国。
この数年、こういったカメラアクセサリー関連は韓国メーカーの勢いがすごい。
デザイン、品質ともに優れている。


category: カメラ

tb: 0   cm: 0

△top

GINZA シグナルブルー 

 

R0031064_20130708093137.jpg
Camera:RICOH GR / Lens:GR LENS Focal Length:28 mm (35mm equivalent)

仕事で銀座に立ち寄った。

空の青、街の青、そしてシグナルブルー。

いつも鞄にカメラを忍ばせておける。
しかも目立たず人を緊張させないカメラを。

RICOH GRを手にしてこういったカットを撮影できるようになった。

category: 出来事

tb: 0   cm: 0

△top

RICOH GR カスタマイズ 

 

今年5月24日の発売日に購入(人生初)したRICOH GR。
使用期間まだ1か月半だが使用感を書いてみた。
◆良いところ
・スナップシューターGRとしての操作系は文句無し。右手のみで完結可能!
・気軽に毎日持ち出せる機動性もよい(軽い・小さい)
・電源オンからの起動が速いからイライラしない
・まだ使用していないがインターバル撮影対応

不満なところ
・突然ホワイトバランスが暴走する時がある
・『手振れ』には注意が必要
 これはカメラが云々という事ではなく構え方の問題だと認識している。
 やはりファインダーがほしい。
・液晶がなんか黄色い?
・高感度での撮影時、AFが迷い止まらない時有り
・AF作動音がうるさい、というか音が安っぽい

感じたことはまだこのくらいだが不満の方が多い。
カメラの出来不出来というよりも私の使い方との相性が悪いのかもしれない。
もともとこのGRを購入した理由は
普段、PC、通信機器、分厚い資料などを持ち歩いているので「気軽に持ち出せるカメラが必要」ということ。
でも画質には拘りたいし所有感もほしい。
そんな贅沢な希望を叶えてくれそうだったのがRICOH GR。

もう少し使い込んでみようと思う。


◆そんなRICOH GRのカスタマイズ
・スパイラルアロウズ カメラハンドストラップCS0004RK(レッド革、ブラックロープ、黒糸)
・予約特典「GRオリジナルREDリング」
・ケース RICOH GR用純正ソフトケース GC-5
・コンデジ用レンズプロテクトフィルター(34.2mm) DSC07549-2.jpg

category: カメラ

tb: 0   cm: 0

△top

報道のNikon 健在 

 

平成25年 参議院選挙に向けて各候補者が主要駅に集まり演説を行う。
それを報道すべく各メディアのカメラマンも集う。
新宿駅東口 本日7月7日12:00 炎天下に一人の報道カメラマン。
このカメラマンに注目してみた。
この画像で見えているのはカメラ2台だが実はバッグの中にもう一台ある。

機材は下記の通り
Nikon D4 LENS:AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(たぶん)
Nikon D3S LENS:Ai AF Fisheye-Nikkor 16mm f/2.8D
Nikon D700 これはバッグの中 レンズは金枠だったが詳細は不明
Nikon スピードライトSB-910
カメラバッグ:artisan&artistニューカシェ(cachet)ICAM-6000
小物ポーチ:クランプラー
カメラストラップ:3台とも純正ロゴ入りではない。たぶんクランプラー。

使い込まれたカメラ本体にレンズ
クタクタになったカメラバッグ

いい感じだ。

写真はないが他にも2名ほど報道カメラマンがいたがすべてNikon製のカメラだった。
よく言われる『報道のNikon』ということだろう。

この後、このカメラマンは汗だくになりながら候補者へ可能な限り接近し群衆の中で撮影していた。
候補者が歩行者天国を歩き出すとD4にNikon スピードライトSB-910を付け逆光時対応。

こういった現場には『Nikon』は本当によく似合う。


R0031072.jpg


category: カメラ

tb: 0   cm: 0

△top

5・4・3・2・1 The Thunderbirds Are Go! 

 

子供のころワクワク、ドキドキしながらテレビを食い入るように観ていたのを覚えいる。
そう、サンダーバード (Thunderbirds)。
R0031065.jpg
-- 続きを読む --

category: Book

tb: 0   cm: 0

△top

Carl Zeiss Sonnar T* E1,8/24ZA 1本勝負 PHOTOウォーキング(その8) 

 

いやぁ、さすがに疲れましたね。歳ですから。
初台に戻ってきましたよ。
約6kmの道程は天気も良く湿度も低かったので快適でした。


今回はSONY Alpha NEX-7にCarl Zeiss Sonnar T* E1,8/24ZAを一本だけ持ち出してのPHOTOウォーキングでした。
なんとなくですがこの画角に慣れ、ぱっと風景を見てどういう風に写るな、と分かるようになりました。
やはり道具は使い倒さないとだめですね。
いつしかコレクターのようにレンズを買い、ちゃんと使いもせず新商品が出たら売って…
こんなことしてちゃダメだなと反省です。
(でも新しいNEX-7出たらどうしよう…)

Carl Zeiss Sonnar T* E1,8/24ZAの良さが私なりに少しだけ分かってきました。
Blog画面ではわかりませんがオリジナルの画像はヌケが良い。
ヌケが良い、という表現はよく見かけますが正直自分ではよくわかりませんでした。
今回のPHOTOウォーキングの写真すべてではありませんが『あ!これがヌケが良いということかな』と感じることが出来るようになったと思います。
ただこの感覚もしばらく経過すると『ばかだな、あの時の写真はコントラストは高いだけだった』などと思うのかもしれません。
それが経験と知識の積み重ね、成長という事なんでしょう。


さて今度はどこに行きましょうか。



DSC07450.jpg
Camera:SONY Alpha NEX-7 / Lens:Carl Zeiss Sonnar T* E1,8/24ZA Focal Length:36 mm (35mm equivalent)


DSC07434.jpg
Camera:SONY Alpha NEX-7 / Lens:Carl Zeiss Sonnar T* E1,8/24ZA Focal Length:36 mm (35mm equivalent)

category: 出来事

tb: 0   cm: 0

△top

恵比寿ガーデンプレイス~初台 PHOTOウォーキング(その7) 

 

やっと富ヶ谷まで来ました。
写真は代々木八幡駅(小田急線)ですね。
DSC07423.jpg
Camera:SONY Alpha NEX-7 / Lens:Carl Zeiss Sonnar T* E1,8/24ZA Focal Length:36 mm (35mm equivalent)
-- 続きを読む --

category: 出来事

tb: 0   cm: 0

△top

商品発送のメールが来た!! 

 

いやぁ、待ちましたよ。一か月半。
スパイラルアロウズのコンパクトカメラ用ハンドストラップ。
ちょっと派手ですがGRにレッドリング付けてこのストラップは押し出し感最高です。
さて、楽しみです。
スパイラルアロウズのhpより


category: カメラ

tb: 0   cm: 0

△top

恵比寿ガーデンプレイス~初台 PHOTOウォーキング(その6) 

 

グリーンのミニクーパー、憧れでした。
旧山手通りから神泉までの途中で見つけました。
オーバーフェンダー付き、キャラクターライン、モンテカルロのステッカー
ちょっと見にくいですが後部ウインドウの下にはミニクーパーのミニチュアモデルも。
DSC07374.jpg
Camera:SONY Alpha NEX-7 / Lens:Carl Zeiss Sonnar T* E1,8/24ZA Focal Length:36 mm (35mm equivalent)
-- 続きを読む --

category: 出来事

tb: 0   cm: 0

△top

恵比寿ガーデンプレイス~初台 PHOTOウォーキング(その5) 

 

駒沢通りから旧山手通りに入ると代官山です。
この辺りはおしゃれなショップや飲食店がたくさんありますが
その中で一際輝いているのが代官山T-SITE『蔦屋書店』
『本を売る』という姿勢ではなく『本を楽しんでもらう』という姿勢。
ゆっくりソファに座りながら本を吟味したり、
お茶を飲みながら『週刊プレイボーイ』の創刊号から時代の流れを想像したり…
ほんとうに良い空間です。
ただ土日は人が多いです(人気スポットなのでしかないですが)。
DSC07368.jpg
Camera:SONY Alpha NEX-7 / Lens:Carl Zeiss Sonnar T* E1,8/24ZA Focal Length:36 mm (35mm equivalent)
-- 続きを読む --

category: 出来事

tb: 0   cm: 0

△top

恵比寿ガーデンプレイス~初台 PHOTOウォーキング(その4) 

 

恵比寿ガーデンプレイスの出口のところになんとも可愛いワンちゃん!
もう、耳から足から何から何までカワイイ!!
ふさふさ~  なんという種類の犬なんでしょうか。
DSC07342-3.jpg
Camera:SONY Alpha NEX-7 / Lens:Carl Zeiss Sonnar T* E1,8/24ZA Focal Length:36 mm (35mm equivalent)
-- 続きを読む --

category: 出来事

tb: 0   cm: 0

△top

恵比寿ガーデンプレイス~初台 PHOTOウォーキング(その3) 

 

恵比寿ガーデンプレイス内には『ヱビスビール記念館』があります。
前々からあるのは知っていましたが入ってみたのは初めて。
多くの方で賑わっていました。
ここではヱビスビールのテイスティングサロンもあって400円から美味しいビールを飲むことが出来ます。
飲みたかったのですがこれから過酷?な初台までのウォーキングがあるのでジッと我慢、我慢。
DSC07325.jpg
Camera:SONY Alpha NEX-7 / Lens:Carl Zeiss Sonnar T* E1,8/24ZA Focal Length:36 mm (35mm equivalent)
-- 続きを読む --

category: 出来事

tb: 0   cm: 0

△top

恵比寿ガーデンプレイス~初台 PHOTOウォーキング(その2) 

 

DSC07308.jpg
Camera:SONY Alpha NEX-7 / Lens:Carl Zeiss Sonnar T* E1,8/24ZA Focal Length:36 mm (35mm equivalent)

PHOTOウォーキングのスタートは恵比寿ガーデンプレイスです。
日曜日なので多くの家族連れやカップルがたくさん来ていました。
-- 続きを読む --

category: 出来事

tb: 0   cm: 0

△top

東京都写真美術館 

 

R0030893.jpg

category: 趣味

tb: 0   cm: 0

△top

夜景 幡ヶ谷から渋谷方面 

 

R0030926.jpg
Camera:RICOH GR / Lens:GR LENS Focal Length:28 mm (35mm equivalent)

category: 出来事

tb: 0   cm: 0

△top

恵比寿ガーデンプレイス~初台 PHOTOウォーキング(その1) 

 

恵比寿ガーデンプレイスにある『東京都写真美術館』を見た後、
散歩がてらオフィスのある初台まで散歩しながら帰ろうと思い立ち歩き出しました。
後で調べたら約6kmの道程があり、案外大変でした。
map1.jpg
-- 続きを読む --

category: 出来事

tb: 0   cm: 0

△top

『東京都写真美術館』 

 

DSC07284-2.jpg
Camera:SONY Alpha NEX-7 / Lens:Carl Zeiss Sonnar T* E1,8/24ZA Focal Length:36 mm (35mm equivalent)
Exposure:1/500 sec Aperture:f/5.6 ISO Speed:100
-- 続きを読む --

category: 趣味

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。