スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

60年前のレンズを蘇らせる・・・ 

 

DSC_9740_20130608154126.jpg
D7A_2280.jpg
ホコリを被り眠っていた1950年製の親父の形見『Fujica6』
上記の写真は改造前の『Fujica6』の姿を撮影したものです。

1)このカメラの使用するフィルムは6×6中判なので今は手に入り辛い事。  
2)ピントは距離を目測で行う事。 
3)レンズ部分以外は動作しない事、という三重苦なカメラ。

レンズ部分を取り出して現代のデジタルカメラに使用出来るようにするために改造費用、アダプタ費用、フィルター費用を合わせると7万円!
馬鹿みたいだけど、価格じゃないんです。
小さい頃一緒に家族で行った旅行など様々な想い出がこのレンズを通して写されていました。  

このレンズを裏から覗くと…
当時の自分たちが、いろんな想い出が見えてきそうな、そんな気分になりました。         

60年ぶりによみがえったレンズ。
今度、お袋に見せてあげようと思います。

まさに、プライスレス!

◆加工をしていただいたお店HP:ブリコラージュ工房ノクト

category: カメラ

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://ryoji0824.blog77.fc2.com/tb.php/40-60c70034
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。